読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LVS + Ultra Monkey で負荷分散 (設定編)

ライブドアテクノロジーセミナーに行ってきましたよ。

id:naoyaさんは LVS++という話 でしたが、自分も 1年ほど前に、某サイトの負荷分散を LVS + Ultra Monkey (heartbeat + ldrectord) でやったので、社内 Wiki に書いてたメモを晒しておきます。
# 今なら heartbeat じゃなくて keepalived が普通なのかも知れず、情報が古めの可能性はあります

  • LVS の Director を 2台で HA 兼 Real Server (httpd)
  • + Real Server 1台 (httpd)
  • DB Server 1台

という構成。
LVS と Real Server を別にするのはちょっとコスト的にもったいなかったため、Director と Real Server を同一マシンに乗せる形に。http://ultramonkey.jp/2.0.1/topologies/sl-ha-lb-eg.html の形態。

帰りのパケットは Director を経由せず、直接クライアントに帰るいわゆる DSR です。

# 以下、IPアドレス、ホスト名は実際とは変えてあります。

                        www   
                   192.168.0.10(VIP)
          www1      |           |   www2                   www3  
 +----192.168.0.7-----+   +-----192.168.0.8----+  +-----192.168.0.9----+
 |  Director (active) |   | Director (standby) |  |        httpd       |
 |      httpd         |   |      httpd         |  +--------------------+
 +--------------------+   +--------------------+

               +-----192.168.0.11-----+
               |       PostgreSQL     |
               +----------------------+

OS は CentOS-4 (kernel-2.6.9)。
Heartbeat, ipvsadm は www1 と www2 のみにインストール / 設定。arptables の設定は3台共通。

[追記] 現在は、CentOS-4 extras に heartbeat, ipvsadm のパッケージがあります。

インストールされた RPM

  • heartbeat-1.2.3.cvs.20050927-1.centos.um.1
  • heartbeat-pils-1.2.3.cvs.20050927-1.centos.um.1
  • heartbeat-ldirectord-1.2.3.cvs.20050927-1.centos.um.1
  • heartbeat-stonith-1.2.3.cvs.20050927-1.centos.um.1
  • ipvsadm-1.24-6
  • arptables-noarp-addr-0.99.1-1.rh.el.um.1
  • arptables_jf-0.0.8-2
# /etc/ha.d/haresources
www1.example.com 192.168.0.10 \
        ldirectord::ldirectord.cf \
        IPaddr::192.168.0.10/24/eth0

ldirectord で、VIP で公開するサービスと Real Server の設定。

# /etc/ha.d/ldirectord.cf
# Global Directives
checktimeout=10
checkinterval=5
autoreload=no
logfile="local0"
quiescent=yes

# Virtual Server for HTTP
virtual=192.168.0.10:80
       real=192.168.0.7:80 gate
       real=192.168.0.8:80 gate
       real=192.168.0.9:80 gate
       service=http
       request="ping.cgi"
       receive="ok"
       scheduler=rr
       #persistent=600
       protocol=tcp
       checktype=negotiate
virtual=192.168.0.10:443
       real=192.168.0.7:443 gate
       real=192.168.0.8:443 gate
       real=192.168.0.9:443 gate
       service=https
       request="ping.cgi"
       receive="ok"
       scheduler=rr
       #persistent=600
       protocol=tcp
       checktype=negotiate

Directorの死活監視 (heartbeat) 設定。

# /etc/ha.d/ha.cf
logfacility     local0
# bcast         eth0
ucast           eth0    192.168.0.8    <-- 相手の IP addr
auto_failback   off
node            www1.example.com
node            www2.example.com
respawn hacluster /usr/lib/heartbeat/ipfail

heartbeat の認証情報。

# /etc/ha.d/authkeys
auth 2
2 sha1 xxxxxxxx

arptables は、Virtual IP addr に対する arp に、リアルサーバが反応しないようにするために使う。

# /etc/sysconfig/arptables
*filter
:IN ACCEPT [10:280]
:OUT ACCEPT [1:28]
:FORWARD ACCEPT [0:0]
[6:168] -A IN -d 192.168.0.10 -j DROP
[0:0] -A OUT -s 192.168.0.10 -o eth0 -j mangle --mangle-ip-s 192.168.0.7 <-- 自分の real IP addr
COMMIT

Director が Active / Standby になったタイミングで、arptables の設定を変更するために

 # ( cd /etc/ha.d/rc.d && ln -s arptables-noarp-addr_takeip local_takeip; )
 # ( cd /etc/ha.d/rc.d && ln -s arptables-noarp-addr_giveip local_giveip; )

を実行。

あとは、起動時に heartbeat, arptables_jf が起動するように設定。ldirectord は heartbeat 経由で起動されるので、自動起動させない。

 # chkconfig --level 345 heartbeat on
 # chkconfig --level 345 arptables_jf on
 # chkconfig --level 345 ldirectord off