読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zabbix-agent で取得できる値を Mackerel の custom metrics として送り込む

Mackerel Meetup #1 Tokyo に行ってきました。鯖サンド美味しかったです。

Mackerel では custom metrics を sensu plugin 形式で出力するコマンドから送り込める (ドキュメント)、ということなので、思いついて拙作の go-zabbix-get に sensu plugin format 出力機能をつけてみました。

実行例はこんなかんじで、-f sensu をつけると key, value, unixtime をタブ区切りで出力します。

$ go-zabbix-get -k system.uptime -f sensu
system.uptime	2546472	1403230104

$ go-zabbix-get -k system.users.num -f sensu
system.users.num	1	1403230155

ということで mackerel-agent.conf に以下のような定義をするだけで

[plugin.metrics.system]
command = "go-zabbix-get -k system.users.num -f sensu"
type = "metric"

zabbix-agent で取得できる値をそのまま Mackerel の custom metrics として送信することができます。

既に zabbix-agent 側で UserParam が定義されている場合でも変更なしに Mackerel 側にもデータを送ることができるので、「いま Zabbix をメインで使っているんだけど Mackerel も試してみたいなー」というかた (私です) には大変便利じゃないかと思います!